Dragon Arrow written by Tatsuya Nakaji, all rights reserved animated-dragon-image-0164

go言語 fmt.Print関数 fmt.Println関数 fmt.Printf関数の違い

Oct 15, 2020

fmtライブラリの標準出力


fmt.Print / fmt.Println

  • fmt.Print関数/fmt.Println関数

    • 標準出力(後述)に出力を行う関数

    • fmt.Printlnの方は末尾に改行をつけて表示する

    • 複数の値を渡せる



package main

import "fmt"


func main() {
    fmt.Print("Hello, ")             // 改行されない
    fmt.Println("世界")               // 改行される
    fmt.Println("A", 100, true, 1.5) // スペース区切りで表示される
}

(出力)

Hello, 世界 

A 100 true 1.5



fmt.Printf関数

  • fmt.Printf関数

    • 書式(フォーマット)を指定して標準出力に出力を行う関数

    • 改行はされないので\n(改行文字)で改行する

    • %dや%sで値の書式を指定して埋め込む


package main


import "fmt"


func main() {
    fmt.Printf("Hello, 世界\n")      // \nで改行する
    fmt.Printf("%d-%s", 100, "偶数") // %dは整数、%sは文字列
}

(出力)

Hello, 世界 100-偶数