Dragon Arrow written by Tatsuya Nakaji, all rights reserved animated-dragon-image-0164

[AWS] EC2+RDS開発環境設定 Nginx+Unicorn+Ruby2.6+Rails5.2+MySQL5.5

May 14, 2019

RDS開発環境設定

初めにsshでEC2にログイン

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux 2 AMI
      ___|\___|___|


https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/
10 package(s) needed for security, out of 14 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ 

作成したRDSに接続できるか確認

$ sudo yum install mysql
$ sudo yum install mysql-devel #後でエラーが出たのでインストール
$ mysql -h [エンドポイント] -P 3306 -u [ユーザ名] -p [DB名]


Ruby,Railsのインストール

git,rbenvのインストール

[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ sudo yum -y install git
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv #rbenvインストール
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build #ruby-buildインストール
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ sudo vi .bash_profile #.bash_profileの編集

=ファイルの編集画面=

export PATH
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH" ← 追加
eval "$(rbenv init -)" ← 追加

=================
または
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile 
(#パスを通す)
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ source .bash_profile  
(#.bash_profileの読み込み)

[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ source ~/.bash_profile #環境変数の反映
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ rbenv rehash  
(#rehashを行う) 
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ rbenv -v #バージョン確認
rbenv 1.1.0-2-g4f8925a

rbenvとは、簡単にrubyのバージョンの切り替えを行うためのツールです。
まずはこれをgitからクローンしてきます。
git clone http://~~~~ の後に、** ~/.rbenv** とあるのは、
「クローンしてきたものはこのフォルダに入れてね」という意味合いとなり、
また、フォルダ名の前に「.」と付いているので、新しく隠しフォルダが生成されていることが分かります。

そしてsourceコマンドで.bash_profileを読み込んだ後、パスを通して(rbenvコマンドを使えるようにして)、ruby-build(rubyをインストールするためのrbenvプラグイン)をインストールしています。

また、最後のrehashはこれまたrbenv版のおまじないのようなものなので、この操作によってrubyやらgemでインストールしてきたファイルの実行環境が生成されています。

ここらへんは覚えるしかない & 使用するツールによって操作が様々なので、
都度リファレンスなどを見ながらインプットしていきましょう。


rubyのインストール

[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ rbenv install --list (-lでも良い) # インストールできるバージョン一覧を確認する
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ sudo yum install -y gcc
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ sudo yum install -y openssl-devel readline-devel zlib-devel
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ rbenv install 2.4.2
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ rbenv install 2.6.3
[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ rbenv global 2.6.3

プロジェクトで特定のバージョンを使いたいときは、 local を使う。すると、カレントディレクトリの .ruby-version に使うバージョンが書き込まれる。

$ rbenv local 1.8.7

[tatsuya@ip-10-0-0-149 ~]$ rbenv versions # このコマンドでインストールしたバージョンを確認できる

  2.4.2

* 2.6.3 (set by /home/tatsuya/.rbenv/version)


おすすめ参考記事 https://qiita.com/iwaseasahi/items/b28f8b91c4638e2c57fd