Dragon Arrow written by Tatsuya Nakaji, all rights reserved animated-dragon-image-0164

AWS IAM ユーザーを作成

イメージ
Apr 03, 2019

AWSでIAM(Identity and Access Management) ユーザーを作成する例


目的: AWS のサービスとリソースに対するアクセスと許可をユーザーで管理できる


手順1 https://console.aws.amazon.com/iam/ にルートユーザーでサインイン


手順2 コンソールのナビゲーションペインで、[Users] を選択後、[Add user]


手順3 [User name] に、Administrator(例) と入力します。


手順4 [AWS マネジメントコンソール によるアクセス] の横のチェックボックスをオンにし、[Custom password (カスタムパスワード)] を選択して、新しいユーザーのパスワードをテキストボックスに入力します。任意でオプションとして [Require password reset] (パスワードのリセットの強制) を選択し、ユーザーが次回サインインしたときに新しいパスワードを作成することを強制できます。(自由)


手順5 [Next: Permissions (次へ: アクセス許可)] を選択します。


手順6 [アクセス許可の設定] ページで、[ユーザーをグループに追加] を選択します。


手順7 [Create group] を選択します。


手順8 [グループの作成] ダイアログボックスで、[グループ名] に「Administrators(例)」と入力します。


手順9 [ポリシーのフィルタ] で、[AWS 管理のジョブ機能] チェックボックスをオンにします。


手順10 ポリシーリストで、[AdministratorAccess] のチェックボックスをオンにします。次に、[Create group] を選択します。


手順11 グループのリストに戻り、新しいグループのチェックボックスをオンにします。必要に応じて [Refresh] を選択し、リスト内のグループを表示します。


手順12 [Next: Tags] を選択し、タグをキーと値のペアとしてアタッチして、メタデータをユーザーに追加します。


手順13 [Next: Review] を選択して、新しいユーザーに追加するグループメンバーシップのリストを表示します。続行する準備ができたら、[Create user] を選択します。


https://your_aws_account_id.signin.aws.amazon.com/consoleにアクセスし、 IAM ユーザー名(E メールアドレスではない)とパスワードでログインできる




ドキュメント